武学推拡拳社の教習内容

画像
『武学推拡拳社』の教習内容をご紹介しようと思います。


今回は、一回の練習(2時間枠)の、練習内容を簡単に発表したいと思います。


1.基本功(約30分)
柔軟体操、捶法や脚法の練習。
この練習で、基礎体力や体作りを行います。


2.架式練習(約30分)
騎馬式、弓箭式などの歩形、足の形を一定時間止まった状態で保つ練習。
この練習で、足腰の強化と、架式を体に覚えこませたり、門派の基準を作ります。


3.対打練習(約30分)
二人ペアになって行う練習。
空手で言う約束組手に近い練習です。対打や約束組手のような練習は、そのまま実際に使うのではなく、これらの練習で得た経験と、この練習で身に付けた技法を、自分が主に練習している門派の制敵の中核となる型に反映させる事が目的です。


4.套路練習(約30分)
套路、型練習です。


上記が教習内容となっています。興味がある方は、下記までお気軽にご連絡下さい。
見学、1日体験など大歓迎!!



〈関連記事リンク〉
○入会案内の記事○



〈動画〉
○演武会の動画○
○携帯からはこちら○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック