形意拳と中国武術、内家拳

形意拳のお話しを、前回に引き続きしたいと思います。


『形意拳』は、有名な名人を多数輩出しました。


『形意拳の近世三大名手』と呼ばれる名人がいます。


それは『郭雲深』『尚雲祥』『孫緑堂』の三人です。


『郭雲深』は、『李洛能』より『形意拳』を学び、多くの他流試合の中で、敵に半歩踏み込んで『五行拳』の『崩拳』を打つだけで敵は皆倒れた為、『半歩崩拳、あまねく天下を打つ』と賞賛されるほどの名人でした。


『尚雲祥』は、元々『功力拳』を学んでおり、『形意拳』を学んだ事で大成しました。


彼は後に天津にて『郭雲深』より教授を受け、『半歩崩拳、あまねく天下を打つ』の代名詞を引き継いだといわれる名人です。


『孫緑堂』は、清末民初の時代に活躍した武術家で、『形意拳』と『八卦掌』の達人であり、『孫式太極拳』の創始者でもあります。


彼は、前述した『郭雲深』より『形意拳』を学び、『程廷華』から『八卦掌』を学んだことで大成しました。


また、後に、『武式太極拳』を学んだ事で、『内家拳』と呼ばれる『形意拳』『八卦掌』『太極拳』の三門派の合一論を提唱しました。


また、『拳意述真』などの多くの著書を残しています。


〈動画〉
○八極拳と劈掛掌の動画○
○携帯からはこちら○


〈関連記事リンク〉
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック