古武術の伝書と練功法

新陰流という日本の古武術、剣術があります。個人的に、この剣術を学んだ経験があるので、少しご紹介しようと思います。


現代では、『柳生新陰流』という呼び方の方がポピュラーでしょうか?


流派や呼び名については、伝承によって様々な問題があるので、深くは触れませんが、この『新陰流』の伝書に『始終不捨書』という伝書があります。


この『始終不捨書』に、『三磨の位』という一節があります。


この内容を、簡単に説明すれば、武術の練功には三つのプロセスを踏むという事です。


それは、『習』『稽』『工』の三つです。


『習』とは、習う事です。


師から型や使い方、或いは戦闘理論や練功法などを学び、覚える事です。


『稽』とは、稽古、練習をする事です。


つまり、師から学んだ事を、繰り返し練習する事です。


『工』とは、創意工夫をする事です。


武術を学ぶ場合、日本の古武術であろうと、中国武術であろうと、同じように上記のプロセス踏んで練功を積みます。


しかし、上記のプロセスで現代人に一番不足しているものがあります。


それは、『稽』ではないでしょうか。


現代人の日常は忙しく、なかなか稽古をする時間がありません。


また、稽古量が少ないうえに、伝統的な武術は、理論が複雑なため、師より説明を受けただけで満足してしまい、出来るようになった気になる傾向があるようです。


例えば、腕立て伏せをする場合、腕立て伏せの形や練習の行い方は、皆さんもご存知でしょう。


仮に、初めて学んだとしても、形と要領はすぐに理解出来ると思います。


しかし、当たり前の話しですが、ある一定の期間、或いは回数を繰り返さなければ、腕立て伏せの効果は出ません。


武術の型や練功も同じです。


ただ、単純な筋肉トレーニングとは違い、理論や技の質の向上を目的にしているというだけです。


腕立て伏せの例えのように、学んだだけで出来るようになるものなどありません。


それが、高度な技術を要するものならば尚更です。


まして、師から学んだ一部の情報と、少ない稽古量で行われた『工』は、机上の空論としかいいようがありません。


そのため、現代では新しい武術、流派が生まれにくいのかもしれません。



【関東地区】
〈武術クラス〉太極拳、八極拳、八卦掌、蟷螂拳など
練習日:金、日 19時~
場所:東板橋体育館

〈動画〉
○八極拳と劈掛掌の動画○
○携帯からはこちら○


〈関連記事リンク〉
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック