貼山靠3

画像
今回も前回に引き続き、『貼山靠』(テンザンコウ)のお話しです。


『貼山靠』には、見て解る通り『靠法』(体当たり)の文字が含まれています。

形を見ても『靠法』(体当たり)が連想されるでしょう。

では、何故『貼山靠』はこのような名前と形で表されるのでしょうか?

それは、『貼山靠』という技法が『靠法』に連動させやすいからでしかありません。

型とは、戦闘法を端的に表したものです。

『貼山靠』という戦闘法を端的に表した場合、『靠法』として表現する事が一番理解させやすいと、先人が考えたからではないでしょうか。

中国の武術に限らず、型武術の難しいところは、表面的な形ではなく、その奥にある技術を探るという事ではないかと思います。


次回は、今回までの『貼山靠』のお話しの補足説明をしようと思います。

続く!!


<動画>
○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○


〈関連記事リンク〉
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○



〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

ホームページ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック