武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国武術の気功と内功!!精神と肉体の融合!!

<<   作成日時 : 2018/02/12 18:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

八極拳に限らず、中国の武術には、内功や気功などの練習が含まれています。


これらの練習は、身体の内部の運用を促すものです。


また、ほとんどの場合、精神の練習にまでいたります。


しかし、日本の武道で言う、精神修養とは、まったく違った意味を持ちます。


日本の武道の、精神の練習とは、倫理や礼儀、根性や忍耐を意味するところが、大きいのではないでしょうか。


しかし、中国の武術では、精神の練習とは、肉体と精神の融合を、意味します。


これは、中国の哲学や道教の影響だと言えます。


中国の思想では、人間を構成している要素は、魂と魄だと言われています。


魂とは、解りやすい言葉で言うなら、精神や霊体などと言った意味です。


魄とは、肉体の事です。


この魂と魄が結び付いた状態が、人間です。


また、この魂と魄が、二つに分かれ、離れた状態が、人が死ぬという事です。


また、逆に、この魂と魄が強く結び付いた状態になれば、不老長寿となります。


この、魂と魄が強く結び付き、不老長寿となった人間を仙人と言います。


大雑把な説明をするなら、上記のような思想が、中国にはあります。


中国の武術では、この道教的な思想が、少なからず内在しています。


つまり、中国武術の練習で言う、精神の練習とは、道教の道士達が練習していた、仙人になる為の技術だとも言えます。


あるいは、この道士達の練習法の過程で、当流で言う、練神骨髄や、形意拳で言う、化勁と呼ばれる技術に至る事を発見した武術家がいたのかもしれません。


このように、精神の練習といえば、不確かで、曖昧に聞こえます。


しかし、中国の武術には、明確な思想と、その為の明確な練習技術が、本来存在します。


逆にいうなら、このような明確な思想と技術がなければ、少なくとも、武術としての内功や気功と呼ばれる技術は、機能しないと言えます。


また、少なくとも武術としては、このような内功や気功も含む、精神の練習は、あくまで戦闘の為に練習します。


戦闘を、より高度な技術で戦うためです。


精神の練習だけでは、武術とは呼べず、それを目的としてしまえば、武術として、練習純度が低くなるためです。






八極八卦練技拳社に興味のある方は、お気軽に下記メール、又は電話番号までお問い合わせ下さい。
見学、体験、受付中!!
TEL (09098331246)
mail w27e4d846ezq98s@t.vodafone.ne.jp


【ホームページ】
https://sites.google.com/site/hakkyokuhakke2016/






「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国武術の気功と内功!!精神と肉体の融合!! 武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる