武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)

アクセスカウンタ

zoom RSS 八極拳の「六大開拳」!!!「貼山靠」の練習法!!!

<<   作成日時 : 2015/08/21 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
八極拳には、複数の「套路」(型)があります。「六大開拳」も、「八極拳」と呼ばれる武術の「套路」の一つです。


この套路は、6種類の短い動作で構成されています。


これらの、短い動作で構成されている「套路」を、「単式」の「套路」などとも呼びます。


この「六大開拳」は、6種類の「開法原理」によって構成されています。


この「開法原理」とは、「制敵法」とも呼ぶ事ができます。


つまり、上記の「原理」を、一つの「形」に表したものが「六大開拳」だという事です。


そして、この「形」は、一例にすぎません。


教習においては、もちろん、「形」の練習から始めます。


それは、「原理」を内在した「形」から練習した方が、理解し易いためです。


しかし、「形」の奥にある「原理」を理解したならば、「形」は必要ありません。


「六大開拳」の練習とは、「形」に内在した「原理」を理解する事です。


「形」は、そのための手段でしかありません。


極論するなら、「形」自体には、意味がないとも言えます。


例えば、「六大開拳」の最初に練習する「貼山靠」は、体当たりの「形」をとります。


しかし、「六大開拳」の「貼山靠」は、体当たりではありません。


厳密に言うならば、「貼山靠」には、2種類の練習があります。


「六大開拳」としての「貼山靠」と、それ以外です。


「六大開拳」として以外の「貼山靠」では、一般的な解釈と同じ、体当たりでしかありません。


しかし、「六大開拳」としての「貼山靠」は、「制敵」のための「原理」を、理解するための一例です。


つまり、同じ「貼山靠」という「形」であっても、練習内容は、同じではないという事です。


確かに、「六大開拳」の「貼山靠」でも、練習の初期に、多少の、体当たりや用法の練習をする場合はあります。


しかし、通常の「貼山靠」のように、「形」の「用法」や、体当たりなどの練習を、重点的に行う事はありません。


逆に「形」に捕らわれてしまうためです。


このように、同じ「形」を練習しているからと言って、練習内容が同じだとは限らないという事です。






「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○


当会に興味のある方は、下記「ホームページ」をご参照下さい。




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

【ホームページリンク】
http://bugaku-cma.com/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八極拳の「六大開拳」!!!「貼山靠」の練習法!!! 武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる