武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国武術の「套路」(型)練習! !「模倣」から生まれる「個性 」!!

<<   作成日時 : 2015/08/07 00:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
中国武術の練習は、「套路」(型)が中心となっています。これは、現代の「格闘技」などでも、同様です。


ただ、現代の「格闘技」などでは、「象徴的」に構成された「形」ではなく、より「具体的」な「技」の練習から始めます。


例えば、「ジャブ」や「ストレート」などの、短い形態の練習などです。


また、それらを組み合わせる事で、「コンビネーション化」し、戦闘を行います。


中国武術の「套路」を練習する場合、当然の話しですが、見本となる「雛型」が存在します。


基本的には、自分が学ぶ「師」の形態がそれです。


初期の段階では、この「雛型」となる形態を厳守する必要があります。


つまり、「雛型」の「模倣」を行うという事です。


学んですぐにアレンジをしたり、応用変化をすれば、不確かな技術しか、身につける事が出来なくなります。


つまり、始めから、自分の「個性」を出すべきではないという事です。


本来、「套路」(型)や「対打」などの練習では、「形」や順番を厳守する必要があります。


つまり、「模倣」を究極的に行うという事です。


しかし、実際には、どんなに忠実に再現しようとしても、完全な一致にはなりません。


その「相違点」こそが個人の「個性」なのではないかと思います。


つまり、究極的な「模倣」から生まれる相違点こそが「個性」であり、「個人の技」だという事です。


そして、「模倣」と「創造」は、表裏一体だとも言えるのではないでしょうか。


究極的な、「雛型」の「模倣」の中で生まれる違いを知る事が、「個性」の始まりである、とも言えると思います。






「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○


当会に興味のある方は、下記「ホームページ」をご参照下さい。




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

【ホームページリンク】
http://bugaku-cma.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国武術の「套路」(型)練習! !「模倣」から生まれる「個性 」!! 武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる