武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)

アクセスカウンタ

zoom RSS 形意拳の技法!!「五行拳」「十二形拳」「四把捶」の練習!!!

<<   作成日時 : 2015/03/21 00:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

形意拳は、「五行拳」(劈拳、鑚拳、崩拳、炮拳、横拳)という「陰陽五行説」の「五行」で表した五種類の「単式」(1〜2動作の短い型)を母体とした「武術」です。


その変化として、「十二形拳」(龍形拳、虎形拳、猴形拳、馬形拳、黽形拳、鶏形拳、鷂形拳、燕形拳、蛇形拳、鳥台形拳、熊鷂合形拳)と呼ばれる十二種類の動物をかたどった「象形拳」を基本とした教習体系を持っている「門派」(流派)です。


また、それ以外の代表的な「套路」(型)では、「五行連環拳」「四把捶」(鶏形四把拳)などがあります。


また、二人一組で行う「対練套路」(型)には「五行相剋拳」などもあります。


しかし、これらの「套路」(型)の教習は、各派や系統によって多少の違いがあるようです。


また、「兵器術」(武器術)も「槍術」を中心に、「剣」「棍」「刀」が伝承されている系統が多いようです。


「形意拳」の技術体系には、モーションの大きな大技はきわめて少なく、外見からは、シンプルな動作で、習得の簡単な「武術」のように見えます。


しかし、その「外形」は、無駄を極限まで省いた形であり、「姿勢」や「打法」の要領をすべてみたす事は、非常に困難だと云われています。


また、「三体式」(三才式)という「後実前虚」の「歩形」、姿勢を重視し、「跟歩」(こんぽ)という前方に大きく踏み込む歩法(フットワーク)を多用します。


「形意拳」の実戦においての用法は、「円錐交叉法」とも称される「攻撃」と「防御」が一体となった技法を用います。


これは、「槍術」においての技法と同様の「術理」でもあります。


また、蹴り技については、主に相手の下半身を蹴り込む技を多用し、前述したように、モーションの大きな蹴り技は、ほとんど見られません。


当流の「形意拳」は、「河北派」の「形意拳」において、名人と呼ばれた「郭雲深」「尚雲祥」と伝えられた系統の「形意拳」を練習しています。


練習する「套路」(型)としては、前述の「五行拳」を中心に訓練していきます。


これは、「陰陽五行説」の用語を使い、「身法」「戦闘法」を五種類に分類し、形に現した「套路」(型)だとも言えます。


また、「五行拳」の訓練と共に「五行連環拳」や「五行相克拳」と呼ばれる「套路」(型)により、「五行拳」の連環方法や運用法を学びます。


次に、「十二形拳」と呼ばれる、数種類の動物の勢法を模した「套路」(型)を訓練します。


この「十二形拳」と呼ばれる「套路」(型)によって、「五行拳」で学んだ技法の変化と、実戦運用のための方向性を見いだします。


また、「鶏形四把」(四把捶)と呼ばれる「套路」(型)によって、上記で訓練した「形意拳」の技法を補完します。





「ブログランキング」に参加しています。下記を押して頂けるとランクが上がります。ご協力お願いします。

○ブログ村○


当会に興味のある方は、下記「ホームページ」をご参照下さい。




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

【ホームページリンク】
http://bugaku-cma.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
形意拳の技法!!「五行拳」「十二形拳」「四把捶」の練習!!! 武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる