武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国武術の「姿勢」と「套路」(型)!!!生活スタイルによる影響!!

<<   作成日時 : 2014/07/04 00:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
中国武術や日本武術には、「型」稽古が存在します。しかし、この「型」を本当の意味で運用することは困難です。


色々な意味がありますが、一つの原因として身体が出来ていないためです。


それは、昔の人間に比べて現代人の「生活スタイル」が変わったことが原因といえます。


「日本武術」についての方が、日本人には理解し易いと思います。


例えば、昔の日本において「武術」を学ぶ者は、ほとんどが「武士階級」や経済的に裕福な階層だったと言えます。


彼等の「生活スタイル」は、現代人の生活と違い、「規律」のとれた「生活スタイル」だったのではないかと思います。


特に、当時の「武士階級」は、常に「家名」や「一族」、「家族の名誉」を背負った形で生活していました。


当然の話しですが、「武士階級」にとって、普段の生活の立ち居振る舞いからして、規律を持つ必要がありました。


そして、そのような教育を子供の頃から受けてきたのだと思います。


そうしなければ、「家名」を傷つけ、一族全員が「恥」をかくという「文化体系」の中で生活していたからです。


現代人のように姿勢を崩した状態などは、常日頃から許されない「生活環境」だったのだと思います。


また、「着物文化」も大きく影響を与えているのではないかと思います。


現代人のような生活スタイルだと、すぐに着崩れしてしまいます。


このような環境が、「日本武術」にとって必要な「姿勢」や「身体」を構築していたのではないかと思います。


言い方を変えれば、生活する事がそのまま、「身体」を強化する訓練だったとも言えます。


このような事は、少なからず「中国武術」でも言える事です。


つまり、現代人が「武術」を訓練する場合、昔の人間にとっては日常であった「姿勢」を作るところから始めなければならないという事です。


また、それに必要な「筋力」を付ける所から始めなければならないという事だと思います。


当たり前の話しですが、「型」を運用するためには、最低限その「門派」「流派」に必要な「姿勢制御」のための「筋力」が必要だと思います。




○八極拳の練習法○
○劈掛掌の練習法○
○太極拳の練習法○
○八卦掌の練習法○
○蟷螂拳の練習法○
○形意拳の練習法○
○中国武術の基本功○



《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

〈ホームページリンク〉
http://bugaku-cma.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国武術の「姿勢」と「套路」(型)!!!生活スタイルによる影響!! 武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる