武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)

アクセスカウンタ

zoom RSS 八卦掌と太極拳の共通性!!「太極」「陰陽」という套路(型)を形造る理論!!!

<<   作成日時 : 2014/05/23 11:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
八卦掌は、中国古典の「易経」の影響を受けて発展した武術だと言われています。


この「易経」は、「周易」などとも呼ばれます。


日本では、占いとしてのイメージが強いのではないかと思います。


しかし、この「易経」の「易」という概念は、中国の全ての思想のもととなり、根底の部分に存在しているとも言えます。


つまり、中国文化圏の人々にとって、日常の中に存在する、習慣的概念であり、思想だという事です。


「太極拳」における「太極」という概念も、この「易」より生じた概念だと言えます。


つまり、「八卦掌」も「太極拳」においても、根底の部分では、同じ概念によって成り立っているという事です。


この「易」の思想によれば、「太極」は、「無極」から発生し、「陰」と「陽」を生み出すと言われています。


「無極」とは、字の通り「極」がない状態だとも言えます。


形をなしていない「混沌」の状態と比喩する場合もあります。


「八卦掌」や「太極拳」の動作として説明するならば、動作がまだ発生していない状態だと言えます。


一番それを表している動作として、「八卦掌」においては、「開門式」における「予備式」や、「太極拳」の「予備勢」が上げられると思います。


ここから「太極」が発生します。


「太極」とは、「陰」と「陽」がまだ合わさった状態で、「陰」と「陽」が発生する前段階だと言えます。


この「太極」から、明らかに「陰」と「陽」が分かれた状態が、連続的に形をなしたものが、「八卦掌」や「太極拳」における「套路」(型)だと言えます。


「八卦掌」においては、この状態の事を「両儀」と称し、更に「四象」「八卦」へと分化生成され、変化されていきます。


このように、「八卦掌」や「太極拳」の技術の根底には、中国の伝統的思想である「易」の思想が内在しています。


「八卦掌」や「太極拳」に限らず、中国の武術を訓練するには、「易」を始めとした、中国の伝統的思想の理解も必要なのではないかと思います。




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

〈ホームページリンク〉
http://bugaku-cma.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八卦掌と太極拳の共通性!!「太極」「陰陽」という套路(型)を形造る理論!!! 武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる