武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)

アクセスカウンタ

zoom RSS 八卦掌の成立環境!!「皇帝」と「天帝」!!!

<<   作成日時 : 2014/01/10 11:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
中国武術は、古代から「清朝」までの中国文化圏において発展しました。「八卦掌」は、「清朝」の末期に成立した武術です。


当時はまだ、古代から続く中国文化の影響が根強く、初期の「八卦掌」は、その文化圏の「紫禁城」内にて発達したと言われています。


当時の中国文化圏では、「皇帝」は、「天帝」の代弁者という、神聖な立場と位置付けされていました。


「天帝」とは、現代日本でいう「神」の事です。


どちらかというと、キリスト教における「God」と似た位置付けだと言えます。


また、中国文化圏では、「天帝」とは別に「神」と呼ばれる存在があります。


これは、歴史上、或いは、何らかの状況下で、高い功績を挙げた人物が、死んでから「社」に祭られた場合に、こう呼ばれます。


また、伝説上の人物なども、「神」と呼ばれます。


中国でいう「神」とは、現代でいう「偉人」や、キリスト教でいう「聖人」に近いかもしれません。


因みに、「三国志」で有名な「関羽」や、「西遊記」の「孫悟空」も、この「神」の一人とされています。


「皇帝」も上記の「神」に近い存在として、当時の人間からは、認識されていました。


このような環境下の、「皇帝」の近くで、護衛業務を行ってきた人間達が使っていた武術の一つが「八卦掌」です。


そのため、「皇帝」のような「聖人」の近くでは、「刀」や「剣」などの通常兵器は使えませんでした。


「八卦掌」は、このような制限された環境下でも、戦えるように工夫されて、成立した武術だと言えます。


〈参考〉
某大学の「東アジア文化史」の講義より。





《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

〈ホームページリンク〉
http://bugaku-cma.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八卦掌の成立環境!!「皇帝」と「天帝」!!! 武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる