武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)

アクセスカウンタ

zoom RSS 八卦掌!!「宮宝田」派の「八卦掌」の特徴 !!

<<   作成日時 : 2013/12/13 11:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
八卦掌の門派(流派)を大きく分類するならば、「尹福」の伝えた「尹派八卦掌」と「程廷華」の伝えた「程派八卦掌」に分ける事が出来ます。


当流の「尹福」系の「八卦掌」は、「尹福」の弟子の「宮宝田」の系統です。


この系統の「八卦掌」は、他派の「尹福」系の「八卦掌」に比べて、柔軟な身法や手法を運用します。


一概には言えませんが、一般的な「尹福」系の「八卦掌」の技法は、「穿掌」を多用し、円周上から直線的に打ち出す技法が多いようです。


それに対して、当流の「八卦掌」は、身法や手法を円転させるように運用します。


例えるならば、「太極拳」の「推手」に似た技法を、小さな動きで行うようなイメージです。


これは、一説には「宮宝田」が体格に恵まれず、身長が低かったため、このような「柔法」に特化したからだと言われています。


套路(型)においても、円周上で行う套路は、一般的な「尹福」系の「八卦掌」と比べて柔らかく、どちらかというと、「程廷華」の伝えた「程派八卦掌」に近い風格を持ちます。


しかし、この「宮宝田」派の「八卦掌」にも、直線的な技法は存在します。


これは、「羅漢拳」の影響を受けた技法です。


当流の「八卦掌」では、円転の身法や手法を訓練する柔的な套路と、直線的な技法や打法を訓練する套路は、明確に分類されています。


この直線的な技法を持つ套路の多くは、「羅漢拳」の技法そのままだと言えます。


つまり、当流の「宮宝田」系の「八卦掌」は、柔軟で円転する動きの中に、「羅漢拳」の直線的な技法を、内包させていくように訓練していくという事です。




《動画リンク》
○中国武術(八極拳、蟷螂拳、太極拳、八卦掌、兵器術)をご紹介した動画○
○携帯からはこちら○

○貼山靠(八極拳)の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○武学推拡拳社のご紹介○
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

〈ホームページリンク〉
http://bugaku-cma.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八卦掌!!「宮宝田」派の「八卦掌」の特徴 !! 武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる