武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国武術の一人稽古、練習法2

<<   作成日時 : 2011/05/20 11:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
中国武術の一人稽古について、今回もお話ししたいと思います。


前回お話ししたように、まず第一に行う事は、その期間内での目標と成果の設定です。


そして、それを達成するために、具体的に行う作業は、分析です。


この分析は、二つのアプローチが必要です。


それは、能力と環境についてです。


能力とは、今現在の自分にとって必要な能力。或いは、補いたい能力の事です。


この分析の後に、その能力を向上させるための練習法、型をチョイスします。


もちろん、これと同時に練習法や型が、それぞれどのような効果をもたらすかの分析も必要となります。


次の環境の分析とは、季節、時間、期間、体力です。


人間にとって、気温や湿度などの季節の影響は大きく、その時期、季節にあった練習、その時期に効果の大きい練習を行うべきであり、東洋的な意味での『気』の活動や、生理学的な人体の影響と関係があります。


時間の分析とは、現代人の日常は忙しく、なかなか一人稽古の時間がとれません。


そのため、日常生活の中で、どれだけの時間を一人稽古に当てるのか?週に何度行い、1日どれくらいの時間行うのか?という事を、実生活と照らし合わせて予定を立てるのです。


一人稽古は、ある一定の期間続かなければ意味をなしません。


それは、体力においても同じ事がいえます。


1日稽古をして、続かなくなる程の稽古では、ただ体を痛めるだけで、なんの成果もあげれないからです。


また、ある一定の成果を上げるためには、数ヶ月単位の期間が必要です。


そのため、決定した一人稽古のメニューを、どれだけの期間行うかの決定が必要となります。


これは、前述した季節にも関係があります。


また、毎回違う稽古メニューでは、効果は薄くなるため、ある程度決まったメニューを一定期間続けるべきだと思います。


次回に続く!!



〈動画〉
○八極拳と劈掛掌の動画○
○携帯からはこちら○



〈関連記事リンク〉
○入会案内の記事○
○練習内容の記事○
○練習する拳種と套路○


〈連絡先〉
TEL (09098331246)
mail メール送信はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国武術の一人稽古、練習法2 武学的ブログ(八極八卦練技拳社・東京板橋教室)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる